주요 기사 바로가기

「プーチンの政敵」ナワリヌイ氏との連絡途絶…「命に大きな危険」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.11 16:26
0
ロシアのプーチン大統領の政敵で野党圏指導者のアレクセイ・ナワリヌイ氏が数日にわたり連絡が途絶えた状態だと外信が報道した。

英インディペンデントなどが10日に伝えたところによると、ナワリヌイ氏は6日以降外部の同僚らとの連絡が途絶えた。

ナワリヌイ氏の側近であるマリア・ペブチフ氏は8日、自身のX(旧ツイッター)を通じ「ナワリヌイ氏が3日にわたり行方がわからない状態。担当弁護士は接見を拒否され、ビデオでつながるオンライン法廷審理にも出席しなかった」と伝えた。

 
続けて「ナワリヌイ氏は先週深刻な心臓関連問題があった。彼の命に大きな危険がある状況」とした。

ナワリヌイ氏の報道官役を務めるキラ・ヤルミシュ氏も「これまで連絡手段だった手紙も届かずにいる」とした。

ナワリヌイ氏は毒劇物中毒となってから長期的に健康問題を抱えているとインディペンデントは伝えた。ヤルミッシュ氏は4月にナワリヌイ氏が正体不明の毒劇物に徐々に中毒になる症状を見せていると主張した。

ナワリヌイ氏はプーチン大統領に対抗する代表的政治家に挙げられる人物で、2020年8月20日に毒劇物中毒で意識不明に陥った。当時ナワリヌイ氏の側近はプーチン大統領が毒殺を命じたものと名指しした。ドイツのベルリンで治療を受け回復したナワリヌイ氏は周囲の引き止めにもかかわらず2021年1月にロシアに帰国し、空港で逮捕された。

ナワリヌイ氏は2021年2月からモスクワから東に250キロメートル離れたメレホボの刑務所に収監された。現在懲役19年の刑を受けているが、多様な容疑が追加され続けている。ただロシア大統領府はナワリヌイ氏に対する個別の措置をしたことがなく、他の服役囚と同じ待遇をしているという立場だ。

一方、来年3月のロシア大統領選挙を控えプーチン大統領は8日に出馬を公式宣言した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「プーチンの政敵」ナワリヌイ氏との連絡途絶…「命に大きな危険」

    2023.12.11 16:26
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアのプーチン大統領
    TOP