주요 기사 바로가기

イスラエル「ガザ地区に抑留された人質のうち20人は死亡と推定」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.11 13:30
0
イスラエル総理室がガザ地区に抑留された人質約137人のうち20人が死亡していると推定していると10日(現地時間)、米国CNN放送に明らかにした。

イスラエルはハマスがガザ地区に117人の生存者と遺体20体を含めて人質137人を抑留していると推測している。

イスラエル総理室は前日死亡が確認されたイスラエル人のSahar Baruchさん(25)を含む死亡者も人質と見なすと明らかにした。

 
8日、ハマスは25歳の男性人質Baruchさんがイスラエル国防軍(IDF)の救出作戦中に死亡したと主張した。

Baruchさんがかつて生活していたビエリ・キブツ(集団農場)側と人質家族団体はBaruchさんの死亡事実を確認して人質交渉の一部で彼の遺体を返すよう要求した。

イスラエル国防軍はBaruchさんが救出作戦中に死亡したというハマスの主張に対して立場を明らかにしなかった。

ハマス側は10日、アラブ放送アルジャジーラを通じてイスラエルが交渉せず力では人質を救えないだろうとして、人質交渉再開を求めた。

イスラエル国防軍が人質救出を試みたが失敗したことを念頭に置いた発言とみられる。

ハマスが10月7日にイスラエルを奇襲攻撃して拉致した人員は約240人だ。

このうち子どもや女性など100人余りが人質交渉を通じて解放された。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イスラエル「ガザ地区に抑留された人質のうち20人は死亡と推定」

    2023.12.11 13:30
    뉴스 메뉴 보기
    パレスチナの武装組織ハマスの隊員が11月28日(現地時間)臨時休戦を迎えてガザ地区南部ラファで赤十字社関係者に人質を引き渡している。イスラエルを攻撃して罪のない民間人を人質として捕まえたハマスに対して米国や英国、日本などは制裁に出た。グラフィック=キム・ジュウォン記者
    TOP