주요 기사 바로가기

ウクライナ支援案処理の突破口なるか…バイデン大統領、12日にゼレンスキー大統領招待

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.11 13:29
0
ウクライナ支援のための予算処理をめぐり米国の民主党と共和党が対立する中、突破口を苦心するバイデン大統領がウクライナのゼレンスキー大統領をホワイトハウスに招待した。

10日(現地時間)のCNNによると、ホワイトハウスはこの日、ゼレンスキー大統領が12日にホワイトハウスを訪問すると発表した。ゼレンスキー大統領がホワイトハウスを訪問したのはロシアのウクライナ侵攻以降2回で、昨年12月と今年9月だ。

カリーヌ・ジャン-ピエール報道官は「バイデン大統領が米国の変わりない支援約束を強調するため、ゼレンスキー大統領をまたホワイトハウスに招待した」とし「両首脳は米国の持続的な支援の重要性について議論する」と述べた。

 
CNNは「ゼレンスキー大統領の訪問は予算処理をめぐる議会の議論で重要な瞬間になる」と評価した。

バイデン大統領は10月、イスラエルとウクライナへの支援を含めて1060億ドル規模の緊急安保予算案を議会に送付した。ただ、米共和党の上院議員は「米南部メキシコ国境に流入する移民者の問題を先に扱うべき」と強調するなど、ウクライナに対する追加支援は容易ではないという立場だ。最近ピュー研究所が米国の成人5203人を対象にした調査で、全体回答者の31%が「ウクライナ戦争に対する米国の支援は度が過ぎる」と答えた。

バイデン大統領は最近、共和党がウクライナ追加予算支援案を阻むと、「プーチンが望む最高の贈り物を与えようとしている。歴史は自由と大義に背を向ける人たちを厳しく審判するだろう」と主張し、議会に予算処理に対する圧力を加えた。

今回の米国訪問でゼレンスキー大統領はミッチ・マコーネル共和党上院院内代表を含む上院議員と共和党所属のマイク・ジョンソン米下院議長とも会う予定だ。

ウクライナは、戦争の長期化で国際社会の関心が低下し、イスラエルとハマスの戦争までが続く中、自国に対する武器・資金支援が減ることを懸念している。ゼレンスキー大統領のオレナ・ゼレンスカ夫人は9日、BBCのインタビューで「国際社会が支援疲れに陥れば私たちはただ死んでいくだけ」とし「私たちは本当に支援を必要としている」と訴えた。

ドイツのキール世界経済研究所(IfW Kiel)によると、今年8-10月の新たな対ウクライナ財政・人道・軍事的支援は21億1000万ユーロ(約3300億円)規模で、前年同期に比べ87%減少した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ウクライナ支援案処理の突破口なるか…バイデン大統領、12日にゼレンスキー大統領招待

    2023.12.11 13:29
    뉴스 메뉴 보기
    ウクライナのゼレンスキー大統領
    TOP