주요 기사 바로가기

ノーベル平和賞授賞式に登場した17歳少女「収監中の母の代わりに受賞」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.11 12:06
0
収監中に今年ノーベル平和賞受賞者に選ばれたイランの女性人権活動家ナルゲス・モハンマディ氏(51)の代わりに、10代の子どもたちが授賞式に登場して受賞した。

10日(現地時間)、AFP通信などによると、同日ノルウェーのオスロ市庁舎で開かれたノーベル平和賞授賞式には、モハンマディ氏の17歳の双子の娘キアナさんと息子のアリさんが出席した。2015年、父親とともにパリに亡命した彼らは、ノーベル平和賞を受賞した母親の代わりに賞状とメダルを受賞した。

彼らが代読した受賞感想でモハンマディ氏はイラン政権を「暴圧的で反女性的な宗教政府」と批判した。

 
また「私は中東の女だ。そして豊かな文明を保有しているにもかかわらず、今は戦争、テロリズムと極端主義の火の中にある宗教(イスラム)出身」と自分を定義し、「イラン国民は粘り強く障害と暴政を解体する」と強調した。また「政府によるヒジャブの強制着用は宗教的な義務でも伝統文化でもない」として「社会全般的な権威と服従を維持しようとする手段に過ぎない」と一喝した。

この日の授賞式の舞台には参加できなかったモハンマディ氏のために空いた椅子が置かれた。

モハンマディ氏はイランの女性権利を守ることに先頭に立った代表的な人権活動家で、不法デモを主導するなどの疑いが持たれて現在拘束中だ。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ノーベル平和賞授賞式に登場した17歳少女「収監中の母の代わりに受賞」

    2023.12.11 12:06
    뉴스 메뉴 보기
    ノーベル賞
    TOP