주요 기사 바로가기

元在韓米軍司令官「2つの戦争を見た北朝鮮、攻撃的余地がさらに拡大」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.12.01 13:42
0
スカパロッティ元在韓米軍司令官が、南北(韓国・北朝鮮)間の9・19軍事合意が最近破棄されたことを受け、北朝鮮がさらに攻撃的に行動する可能性があると懸念を表した。

ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の1日(現地時間)の放送によると、スカパロッティ元司令官は前日、米戦略国際問題研究所(CSIS)主催のテレビ会議に参加し、「(9・19合意破棄以降)非武装地帯(DMZ)で緊張が高まる可能性がさらに高まった」とし「(ウクライナ戦争と中東紛争で)北朝鮮はさらに攻撃的に行動できる余地が拡大したと考えるだろう」と述べた。

続いて「北朝鮮はもう緊張を緩和、管理すべきかという心配をする必要がなくなった」とし「自分たちの日程に合わせて攻撃的に進展するのにさらに集中できる立場にになった」と話した。

 
これは軍事偵察衛星を最近打ち上げた北朝鮮が追加の核実験など軍事的な緊張を高める新たな高強度挑発をする可能性があるという意味と解釈される。すでに北朝鮮は先月23日、9・19合意の全面破棄を宣言して以降、DMZ内の最前方哨所(GP)を復元し、板門店(パンムンジョム)共同警備区域(JSA)内の軍人を武装させた。

北大西洋条約機構(NATO)連合軍司令官を務めたスカパロッティ氏は「北朝鮮がウクライナ戦争を見ながら多くのことを学び、ロシアとも関連の協議をする可能性がある」とし「彼らが準備態勢について何を学ぶかが最も懸念される」とも話した。

CSISのビクター・チャ副所長は今回の会議で「露朝軍事協力の進展が米国に政策的なジレンマを提起する可能性がある」と分析した。

チャ氏は「ロシアが北朝鮮に偵察衛星技術を支援したとすれば、これは『氷山の一角』であるはず」とし「米国が北朝鮮とロシアに対する追加制裁を通じて軍事協力を防ぐことはできないだろう」と述べた。続いて「北朝鮮がロシアの軍事技術を受けるのを防ぐために北朝鮮にインセンティブを提供するのも北朝鮮制裁の根幹を揺るがす」とし、事実上米国が取ることができる対応オプションが見えないと説明した。

チャ氏は「露朝技術協力を断つ唯一の方法は中国との協力だが、中国側が呼応するかは懐疑的」とし「最近アジア太平洋経済協力会議(APEC)会議を機に開かれた米中首脳会談で北朝鮮問題の議論に進展があったという話は聞かれなかった」と明らかにした。

今回の会議でスミ・テリー元米国家安全保障会議(NSC)補佐官は「露朝が軍事協力を強化し、ロシアが北朝鮮に信号情報、情報源泉、分析、敏感な技術などを提供すれば、北朝鮮の衛星・ミサイルプログラム高度化が加速するだろう」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP